Shopping Cart
collections/D751816.jpg


栃木県益子町にて作陶。
郡司庸久さん、慶子さん夫妻の作る陶器は多彩だ。
庸久さんが成形する素地に、慶子さんが絵筆をさし、細密な文様を彫る。
描いた線を確かに形にする器用な手と 虫や花、鳥たちと
豊かに交流する繊細でのびやかな手。
二人の仕事は、異なる手による明らかな分担がありながら
常に一つのイメージを共にする共同作業である。
2015年、栃木北部の日光・足尾から益子へ移住し、
益子の陶芸家仲間たちと協働で登り窯での焼成を始める。
圧倒的な火の悪戯、自然の力に心を躍らせる二人から
新たな作風が生まれつづけている。
また個人の作家としての各々の活動以外の大事な仕事も。
共に手掛ける "郡司製陶所" の器は、
優美でありながらその普遍的でシンプルな容姿は
使い勝手が抜群で、日々の食卓で大活躍する。

 

 

 


 

 

 

 

 

 



items 1 - 7 of 7 total